今巷で話題のムシバイですが、どんな成分が入ってるのか気になりますようね?

専門家ではないので、詳しい事はわからなくてもムシバイにはどんな成分が入っているのか知っておきたいですね。

ムシバイの成分の特徴

ムシバイの成分の特徴① クリスパタ菌配合

ムシバイの成分には人由来の乳酸菌 クリスパタ菌が入っています。

母親の産道にはクリスパタ菌が沢山存在します。

乳幼児の腸内には、出産時に母親の産道を経由して受け継がれるのがクリスパタ菌です。

乳児が初めて母親から受け継がれるものです。

人由来のクリスパタ菌は植物由来・動物由来の乳酸菌より守る力がかなり強い!

ムシバイの成分であるクリスパタ菌は何と熱に強い!

熱に強いのでどんな環境でも力になってくれる。

なので体内に入ってもよりよい効果が期待できるのです。

口の中でも同じで善玉菌を優位にしてお口の口臭虫歯予防に最適です。

ムシバイの成分の特徴② PS-B1配合

ムシバイの成分にはPS-B1が入っています。

乳アレルギーのお子様にも安心して召しがることができます。

ムシバイの成分に配合されているPS-B1は自然由来の成分で善玉菌の働きを助けてくれて、お口の中の環境を整えてくれます。

ムシバイの成分の特徴③ キシリトール70%配合

ムシバイの成分にはキシリトールが70%配合されています。

カロリーは砂糖と比べて15%少ないのが特徴です。

ムシバイの成分にあるキシリトールは歯にやさしく虫歯の原因である酸を作らせない特徴があります。

ムシバイの成分の特徴④ ヨーグルト風味

ムシバイの成分の特徴というわけではないのですが、ヨーグルト風味で食べやすい。

風味って大事ですよね。

大人でもそうですが、これは体にいいからと言われて食べても風味がダメであれば中々継続は難しいですね。

『良薬は口に苦し』という言葉はありますが、子どもにはそんなことどうでもよくて、風味で継続してくれるかは決まるような感じがしています。

子どもが薬などが苦手な理由の多くは苦い味がするってのがあるのでヨーグルト風味というのはありがいたいですね。

ムシバイの成分の特徴⑤ 体に優しい成分のみを配合

親としては毎日子どもが口の中にいれるものなので安心して与えたいと思うのは当たり前の事ですよね。

ムシバイの成分には殺菌剤・発泡剤・合成着色料・合成保存料・合成調味料・牛乳アレルゲン・グルテン・糖類・グリセリン・ポリエチレングリコール・刺激・フッ化ナトリウム・発色剤・漂白剤・パラベシは含まれていません。

ムシバイの成分の特徴⑥ 安全にこだわった国内工場で生産

こちららもムシバイの成分の特徴ではないのですが、何処で生産されているかって結構大事ですよね。

安心の国内工場で生産されています。

厳しい基準をクリアしたGMP認証工場で製造されています。

ムシバイの成分の特徴⑦ 食べやすいチュアブルタイプ

こちらもムシバイの成分の特徴ではないのですが、食べやすいチュアブルタイプになっています。

手軽に食べれるので、お子様に食べさせるのに苦労せず食べさせることが出来ます。

ムシバイの成分で注意することはないの?

これまでムシバイの成分の特徴を紹介してきましたが、本当に注意することはないでようか?

公式サイトのQ&Aの所を確認してみるとこんなことが書かれています。

乳製品以外のアレルギーがあるのですが大丈夫ですかという質問があります。

答えとしては一度医師に相談してみてくださいとのことです。

ムシバイの成分にはアレルギー物質を含む原材料は使用していませんが、製造工場では一部アレルギー物質を含む製品を生産しております。

微量でも反応が出てしまうお子様はご使用をお控えいただいた方が安心です。

大豆アレルギーがある方も注意が必要です。

原因物質は培養する過程で乳酸菌によってほとんど分解されていますが、原材料はあくまで大豆培地を利用した乳酸菌生産物質となるみたいなんで、医師などに相談してから購入は考えた方が良さそうですね。

アレルギーがある方は慎重になりましょう。

まとめ

今回、ムシバイの成分には紹介しました。

沢山のいい成分が配合されていてぜひ、子どもに与えたい物の一つではないでしょうか?

もちろんアレルギーがある方はよく相談されて子ども与える必要があると思いますが、効果を約束するものではないのですが継続してとっていくことがポイントになってくると思います。

公式サイトにもありますが3ヶ月を目標にしてみてはいかがでしょうか!