ムシバイって人気だけれど、副作用とかないのと思われている方もおおいのではないでしょうか?

私も子どもに与える時に気になったのが副作用でした。

薬ではないので副作用とかないだろうとは思っていましたが、実際の所はわからないのでそのあたりを今回は紹介します。

そもそも副作用って何なのか?

まず、そこをおさえる必要があるのかなと思います。

副作用というのは簡単に言うと、期待した薬の主の効果以外の望ましいくない作用の事です。

必ず副作用がでるかと言えばそうでもなく、個人差によるものもかなりあります。

①薬の作用がかなり強く出る場合があります。

それは、年齢・性別・体質・体調によりますが、例えば血圧を下げる薬を飲んだ場合本来は血圧を下げる事が目的ですが、効きすぎてしまいふらついたりすることがあります。

②本来の薬の効果以外が現れる。

花粉症等を治療薬を飲んだ時に鼻水やくしゃみはとまるが眠たくなるという副作用がでてしまう。

③アレルギー反応が現れる。

薬の成分に対してアレルギー反応が出る場合があり発熱や腎臓・肝臓の障害などがあります。

副作用が出る場合はどんな時があるの?

・薬の性質によるもの

治療の目的以外の部分で薬が作用する。

・薬の使用方法の間違い

薬の使用方法や摂取時間・摂取量を間違えてしまう。

他の薬との飲み合わせが悪い場合。

・薬を飲む人の体質によるもの

年齢・性別・体質・体重・嗜好によるもの。

ムシバイは副作用はあるの?

結論としてムシバイは副作用はありません。

ムシバイは健康補助食品でもありますし厳正な基準をクリアした工場で生産されています。

ムシバイは副作用はありませんが、公式サイトにあるQ&Aの所にいくつか質問があるので確認しましょう。

乳製品のアレルギーがある方でもムシバイはとることが出来ます。

乳製品以外のアレルギーがある方は注意が必要です。

一度、専門医に聞いてみる事をお勧めしています。

ムシバイはアレルギー物質を含む原材料は使っていませんが、製造工場自体では一部アレルギー物質を含む製品を生産しています。

なので少量でもアレルギー症状が出る方は控えた方が良さそうです。

原因物質は培養する過程で乳酸菌によってほとんど分解されていますが、原材料はあくまで大豆培地を利用した乳酸菌生産物質となります。

少しでも気になった方は専門医などにご相談の上、購入された方が良さそうですね。

一応気を付ける点は書きましたが、ムシバイは副作用はないので、安心して召し上がることができます。

体質的に合わないお子様もいると思いますので、気になる方は公式サイトから問い合わせしてみてください。

ムシバイは副作用もなく安心して子どもに与える事ができる製品です。

 

まとめ

ムシバイって副作用はないのか?についてご紹介しました。

結論としてムシバイは副作用はありません。

しかし、アレルギーがある方や体質的に合わない方は一度専門医に相談してからの購入をオススメします。

今、小さいお子様をお持ちの方は歯については大変興味をもっている方が多いです。

それは、歯磨き嫌いの子どももいたり、朝起きた時の子どもの口臭が気になる方や虫歯がよくできてしまう子どもさんが結構います。

そんな悩みをお持ちの親御さんにはムシバイはいいのではないでしょうか!

私の子ども達にも与えてますが最初は半信半疑でしたが今では本当にムシバイを与えて良かったと思います。

どんなことでもそうですが、予防が一番大事です。

虫歯になる前に予防できる所はしっかり予防していきましょう。

もちろんムシバイを食べていれば虫歯が治るという事ではありません。

しかし、何もしないよりは一度試してみてはどうですか。

初回購入は割安で購入出来ます。